<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
【さいたま市】 E様邸 超薄型カウンター下収納


今回は、さいたま市の戸建のE様邸にカウンター下収納を設置してきました。
それにしてもデカイ家だ!
天井も吹き抜けになっていて見上げるほどだ!

ご覧のように超薄型なので引戸をガラスにし有効奥行きを確保しました。
もちろんデザイン性も犠牲にする訳にはいきません。
お店のショーケースみたいに開ける度にジョリジョリ音がするレールなど最悪です。

b0167405_19162545.jpg












実は床からカウンターまでの寸法が僅か1200mmの幅で4mmも違ったんです。
当然パッキンやフィラーなど使わずピッタリ納めましたけどね。

床が石の場合、不陸があるので手間がかかります。
[PR]
by at-stage | 2009-10-27 18:46 | オーダー家具
胸が痛むんです
今日は晴れ!

実は数週間前から左胸が痛いんです。
深呼吸すると痛むんです。

人は”肋間神経痛”じゃないかっていうんですが・・・



なに科に行ったらいいのか分からないので総合病院に行ってきました。

先ず胸部のレントゲン撮影をしました・・・異常は見当たりません。

という事で月末にCT検査をすることにしました。


担当して下さった医師は若い男性でした。
対応も話も淡々としていてあまり親身ではない。
大丈夫なのかな?と少々不安・・・

リフォームの問い合わせを頂いた場合、お客様に不安に思われていないか自分に当てはめて考えてみました。



ウン、大丈夫だ!  若くないから・・・
[PR]
by at-stage | 2009-10-15 17:06 | その他
【大森】    U様邸 引渡しました 
今日は晴れ!

9日に完成したU様邸の”引渡しの儀”を行ないました。

特に問題はなく無事に終了という事です。

次は流し台の方ですね・・・その時はまたよろしくお願い致します。


ユニットバスの写真もご覧に入れましょう。

b0167405_2003285.jpg
メーカー品そのものですがサイズオーダーで製作できる一番小さなユニットバスです。














それでも外側が数ミリしかない”綱渡り工事”でした。
[PR]
by at-stage | 2009-10-12 19:52 | 打合せ
【大森】    U様邸 完成しました
今日は晴れ!

大森のU様邸 完成しました。
8月に初めて現地にお伺いしてから2ヶ月経ちますがその間いろんな事がありました。

一番大変だったのは当初工事の許可が理事長さんからもらえなかったことです。
今まで同じような工事を他社でやってきて、「今回から大きな音を出す工事はダメ」なんて今さらいわれてもU様も困りますよね。
何かあるのかな?って勘ぐってしまします・・・。

後で聞いたんですが、工事がうるさいと「何で許可した!、何とかしろ!」と昼夜を問わず理事長さんのところに言って来る方がいて嫌になっていたみたいなんです。
色々な方のご協力で許可は頂いたんですが理事長さんのお気持ちも理解できますね。

さて10月1日のページで紹介した部分がこんな感じになりました。

b0167405_19285374.jpg







8月10日の写真にある様な廊下からの段差も全く無くなりました。






今回はメーカーの既製の機器類を単純に付けただけであり、決してデザインリフォームという訳ではありません。
しかし、限られた空間に機能的に納めなければならないのと、なんといっても見えないところにかなりの苦労やテクニックが要求された高度なリフォーム工事だったんです。


先日もお話しましたがスケルトンリフォームの方がよっぽど施工者としては楽です。
一から順番に造っていけるんですから・・・
[PR]
by at-stage | 2009-10-09 20:00 | リフォーム
【門前仲町】 N様邸 天井の補修
今日も雨!

一昨日LEDダウンライトを設置したN様邸の天井の補修に行ってきました。

さて、先日お約束した今回のN様をご紹介していただいたM様と弊社の最初の”出会い”のお話です。
時は元禄15年・・・いえ2年前にキッチンの交換をしたいと見積もりの依頼を頂きました。
ただし、単純に新しくするのではなくガスコンロシンクの位置を入れ替えるというオマケつき。
とはいえマンションリフォームですので多少の制約や工夫が必要ではありますが弊社にとって得意分野であり大した問題ではありませんでした。

しかし、OOホーム?という相見積もり業者は「絶対出来ない」と言ったらしく、M様は不安になってしまいました。
ある程度名の通った会社ですから無理もありません。
何度もM様から連絡を頂きましたがそれでも心は相見積もり業者に傾いているようでした。

再度現調して出来る根拠を何度も説明しましたね。出来る限り分かりやすく。
何度も説明したのは”仕事が欲しいから”が第一ではなく”希望通りできるのにM様に諦めさせる業者に負けたくなかった”のが本音です。
そんなやり取りが何度か続き、結局信用して頂きご契約いただけました。
というのがM様との”出会い”です。
もったいぶった割りにあっさり結論を出してしまい申し訳ございません。
工事の結果はN様をご紹介いただけたという事でお分かりいただけますよね。

いい機会ですので、なぜこの程度のことで業者の意見が分かれるかお話しましょう。
私の個人的な考えですが当時は設計偽装問題で戸建の着工件数が大幅に減少していた時期です。
そこでそれまで戸建の新築をメインに営業していた業者が慌ててリフォームにちょっかいを出してきたんだと思います。

ただ、リフォームはそんなに甘いものではなく新築しか知らない即席リフォーム業者は物の交換や貼替えしか出来ません。
同業の仲間と話す機会がありますが今回のように標準と違う工事は”やらない”のではなく”出来るとさえ思っていない”と意見が一致します。
こんな業者に出会ったお客様は不幸ですね。

みなさんは同じ建築業だからと思っているかも知れませんね。
でも整形外科と形成外科、形成外科と皮膚科って役割が違いますよね。
もちろん重複している部分もあるでしょうが専門医がいるわけです。
リフォームも同じという事を頭の中に入れておきましょう。

スケルトンリフォームとかリノベーションなどとうたっている会社(弊社もそうですが・・・)は多いですが、実は技術的には部分リフォームの方が困難です。
既存との取り合いをどう納めるか・在宅工事であるなどいろいろあります。
スケルトンリフォームは一から順番に進めればいいんですからやり易いですよ。

ついでにもう一つ、どういう会社かも大切ですが、リフォームの場合、担当者個人の能力で成否が決まりますのでこれもお忘れなく!
この業界、他業種から来て数ヶ月という方、案外多いですよ。
それでも何とかなっちゃうのは職人さんが泣いて尻拭いしているんです。


上記はここだけの話にしておいてくださいね。
[PR]
by AT-STAGE | 2009-10-07 18:04 | その他
【門前仲町】 N様邸 こんなところに梁が!
今日は雨!

朝から古石場の戸建住宅のN様邸へLEDダウンライトの設置に行ってきました。
今回のN様は2年前にキッチンの交換をご依頼頂いたM様のご紹介です。

複雑な外見の”狭小住宅”の3階建てで隣同士3軒まとめて建築しないと完成できないような形でした。
限られた敷地にかなり工夫して建てられているようで「なるほどねぇ」と関心しましたね。

とはいえ残念なことに隣戸同士がどうしても近くなるので窓からの光があまり入りません。
それで考えた末に思いついたのが今回のLEDダウンライトの増設だったようです。


ということで相談し設置場所を決めダウンライト用の穴を天井に空けたんですが
”あぁ、なんと梁が・・・”
袖壁からずれているし延長上は窓だし梁は無いと思ったんですが・・・戸建は何でもありか・・・。
位置をずらして無事済んだんですが、後日最初に空けた穴の補修に来る仕事が増えてしまいました。

LEDライトのスイッチもスペシャルテクニックを使って全く問題なくつけられ終了しました。
なかなかいいですね、LEDも。



今回ご紹介頂いたM様とご契約いただくまでにいろいろありましたので明日ご紹介いたしましょう。
[PR]
by AT-STAGE | 2009-10-05 16:18 | リフォーム
【塩浜】    T様邸 無事工事完了 
今日は雨!

先月末に着工した内装工事が今日で無事終了しました。

入居前リフォームで工事期間中、鍵をお借りしていましたので現在お住まいのマンションに鍵を返却しにいってきました。



これから南千住のOBであるY様宅にビニールクロス補修に行ってきます。
お子様が物をぶつけて小指大の穴を空けてしまったそうです。
[PR]
by AT-STAGE | 2009-10-03 15:24 | リフォーム
【大森】    U様邸 今日から大工工事
今日は曇り!

途中経過をお知らせしないうちに床下配管・ユニットバス設置工事が終了しました。

今日から大工工事ですがこの写真は今朝、作業が入る前に撮影したものです。

b0167405_1925317.jpgこれから、床・壁・天井を組み立てていきます。



床の配管で手前に木枠を組んであるところがありますね・・・

実はここから先が旧配管のままになっていて廊下の床下に埋まっているのです。

ナゼこのように囲っているかといいますとヤバイからです。




実際、配管が終わり水道の元栓を開いたら漏れてきましたよ・・・旧配管から。
鉄管はどこでもジョイントできるわけではありませんので、旧配管が一番短くなり施工可能な位置で新配管とジョイントしたんですがストレート部分のピンホールからポタポタきてしまいました。

そこで、高価なジョイント金具を用いて手前でジョイントし、衝撃を与えないようにガードしているって訳です。

古いマンションはこれがあるから恐ろしいですね。
[PR]
by AT-STAGE | 2009-10-01 20:20 | リフォーム



リフォームのアットステージが日々の記録を届けます
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
AT stage 関連サイト
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧